相続手続きコラム

遺言執行者の財産調査

遺言執行者の財産調査  今回のコラムでは遺言執行者が就任した後すぐにすべきである遺産の調査について解説します。 遺言執行者は就任後遅滞なく相続財産を調査する必要がある 遺言執行者は遺言執行者となった後すぐに、相続財産の目録を作成し、相続人や包括受遺者に交付…

遺言執行者選任申立て

遺言執行者選任申立て  今回のコラムでは遺言執行者選任申立てについて解説します。  遺言執行者とは 遺言執行者とは、遺言の内容を実現する者のことをいいます。遺言書で指定されている場合や家庭裁判所が申立てにより選任します。  遺言執行者がいないと相続手続きが…

遺言執行者に就任したときの就任通知

遺言執行者に就任したときの就任通知 今回のコラムでは遺言執行者に就任したときに相続人に送付する必要がある遺言執行者就任通知について解説します。  遺言執行者に就任したときは相続人に通知が必要  遺言執行者に就任したときは遺言執行者は相続人に就任の通知をする…

胎児は相続人になる?

胎児は相続人になる?  今回のコラムでは胎児の相続権について解説します。  私権はいつから持てることになっている? そもそも相続権を含む私権はいつから持てることになっているのでしょうか。このことについては民法で定められており、私権を含む人の権利能力(権利や…

準確定申告とは

準確定申告とは  相続で発生する税金としては相続税がありますが、場合により税金の手続きとして準確定申告が必要になることがあります。 今回のコラムでは準確定申告について解説します。  準確定申告とは 準確定申告とは亡くなられた方の所得税の確定申告のことを言い…

死亡届の手続き

死亡届の手続き  相続手続きをする場合には被相続人(亡くなられた方)の死亡記載のある除籍謄本が必要となりますが、戸籍に死亡記載がされるには死亡届を市区役所または町村役場に提出する必要があります。 今回のコラムでは死亡届の提出の手続きについて解説します。  …

家督相続と遺産相続

家督相続と遺産相続  明治31年7月16日から昭和22年5月2日までに開始した相続については現行民法ではなく旧民法が適用されます。そのため、その期間に亡くなって相続になった場合は旧民法の規定に基づいて相続の手続きをする必要があります。旧民法では相続の原因や…

現行戸籍の編製原因と削除原因

現行戸籍の編製原因と削除原因  今回のコラムでは現行戸籍の編製原因と削除原因について解説します。  現行戸籍とは 現行戸籍とは戦後の新民法に基づき改正された戸籍法以降に作成された戸籍のことを言います。婚姻届を提出するときやパスポートの申請で必要になるのはこ…

相続手続きでお困りの方、
まずはお電話ください

平日も土日祝も夜9時まで無料相談受付中!空きがあれば当日相談も可能です。完全予約制。近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

メールでの無料相談のお申し込みはこちら
24時間受付中!

相続手続きの無料相談。平日夜間、土日祝日もOK
ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日予約も可)