遺産分割がまとまらないときはどうすればいいの?

 遺産相続では遺言書がない場合は原則として法定相続人全員が話し合いをして誰が何を相続するかを決める遺産分割協議を行う必要があります。
もっとも、必ずしも遺産分割協議がまとまるとは限らず、話し合いがまとまらないことも十分に考えられます。
今回のコラムでは遺産分割協議がまとまらなかった場合の手続きについて解説します。

 相続手続きでは原則として遺産分割協議が必要

相続手続きでは遺言書がない場合や全ての遺産について法定相続で相続する場合以外は原則として法定相続人全員での話し合いで相続方法を決定する遺産分割協議が必要となります。

遺産分割協議では法定相続人全員の合意が求められますので、相続方法の内容に合意をしない相続人が一人でもいる場合や連絡が取れない相続人等がいる場合は遺産分割協議が成立しないことになります。

 

話し合いがまとまらないと相続方法を決定することができない

遺産分割協議が成立しない場合は相続方法が決定できませんので、その後の相続手続きを進めることも非常に困難となります。遺産分割協議が成立するまでは全ての遺産について法定相続で相続している扱いとなり、未分割の状態が続くということになります。

 

家庭裁判所に調停を申し立てる

それでは遺産分割協議がまとまらない場合はどうやって相続手続きを進めれば良いのでしょうか。
遺産分割協議がまとまらない場合に取れる方法として家庭裁判所の遺産分割調停手続きがあります。遺産分割調停では家庭裁判所の裁判官と調停委員が調停委員会を構成し、相続人から事情を聴いたり、資料を求めたり等をして事情をよく把握した上で、解決のための助言をしてくれたり、調停案として解決案を提示したりなどをしてくれます。家庭裁判所が間に入って当事者全員の合意をめざして話し合いを進めてくれますので、自分達では話し合いが難しい場合には利用を考えてみるといいでしょう。

 

遺産分割調停でも話し合いがまとまらなかったらどうなる?

家庭裁判所の調停でも話し合いがまとまらなかった場合は家庭裁判所に遺産分割審判を申し立てることができます。
遺産分割の審判は裁判官が相続財産に属するものや権利義務の種類等の様々な事情を考慮して、相続財産の分け方を決めてもらいます。
審判に不服がある場合は2週間以内に申し立てることにより、即時抗告をすることができますが、即時抗告をしなかった場合は遺産分割の内容が確定し、審判書を使って相続手続きを進めていくことになります。

 

自分たちで話し合って決めるのが一番だけれども・・

遺産相続の手続きでは相続人全員で話し合って全員が納得した上で遺産分割方法を決定するのが理想ですが、必ずしも話し合いで解決できるとは限りません。
自分達だけでの話し合いがまとまらず相続手続きを進めることが難しくなっている場合には家庭裁判所の調停手続きの利用を検討してみるのもいいでしょう。

 

 

令和4年7月15日掲載

※この記事は掲載時点での法律を前提に作成されております。

相続でお困りのときは専門家に相談しましょう

相続のことでお困りのときは、まずは相続に強い司法書士、税理士等の専門家に相談しましょう。相続のことを熟知していますので、必ず役に立つアドバイスがもらえます。
当事務所はJR武蔵小杉駅前の司法書士・行政書士事務所です。相続でお困りごとがあれば相続専門の司法書士・行政書士による無料相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度