戸籍の起源

 戸籍はいつからできたと思いますか?

実は戸籍の起源は古くて大化の改新まで遡ることができると言われています。

もっとも、当時の戸籍は現在の戸籍とは異なり、課税や徴兵等を目的としていました。現在の戸籍は日本国民の身分関係を登録し証明することを目的としていますので、現在の戸籍とは大きく性格は異なっていましたが、歴史としては非常に長いということが分かります。

壬申戸籍(明治5年式戸籍)

現在のように日本国民の身分関係を登録し証明することを目的とした戸籍になったのは明治になってからです。この現代的な戸籍は「明治5年式戸籍」から始まっており、明治4年4月4日に戸籍法が制定され、翌明治521日に施行されています。この年の干支が壬申(みずのえさる)だったことから「壬申戸籍(じんしんこせき)」とも呼ばれています。

 壬申戸籍には身分が記載されていた

壬申戸籍の特徴としては、皇族、華族、士族、平民身分などの身分が記載されていたことです。元穢多、元非人などの記載もあり、差別的なところも残っていました。

このような事情もあり、現在では壬申戸籍は開示されておらず、一般の人は開示請求しても応じてもらえず見ることができないものとなっています。

 壬申戸籍の後も戸籍は5回改製されている

壬申戸籍(明治5年式戸籍)の後も戸籍の様式は何度も改製(様式・書式の変更)されており、現在まで計5回の改製がされています。以下が改製された戸籍です。改製ごとに様式や書式は変更されています。

明治19年式戸籍
明治31年式戸籍
大正4年式戸籍
昭和23年式戸籍
平成6年式戸籍

旧法戸籍と現行戸籍

「明治19年式戸籍」「明治31年式戸籍」「大正4年式戸籍」は「旧法戸籍」とも言われています。戦前の旧民法に基づき作られているので、家の長である戸主を中心として作成されているのが特徴です。壬申戸籍とは異なり、これらの戸籍は保存期限が経過して廃棄されていない限り、市区町村に請求して開示してもらうことができます。

これに対して「昭和23年式戸籍」「平成6年式戸籍」は「現行戸籍」と言われています。戦後の新民法に基づき作成されており、一組の夫婦およびその夫婦と氏(苗字)を同じくする子ごとに編成されています。

 旧法戸籍は読み解くのに一苦労?

旧法戸籍は戸主を中心に作成されていますので、叔父、叔母や甥、姪等まで記載されていたりで現行戸籍と比べて家族構成が多くなっています。また、字体、漢字が今と違う字体であったりするので読み解くのが難しい場合も多いです。手書きで書かれていて字がかすれていたり、達筆過ぎて読めないこともよくあります。

相続の手続きでは相続人を確定させる必要があるので、これらを読み解いて漏れなく相続人を確認するには慣れや経験が必要になります。

もし読み解くのが難しい場合は役所や相続の専門家に聞いて相談してみることをおすすめします。

令和3年10月15日掲載

※この記事は掲載時点での法律を前提に作成されております。

相続でお困りのときは専門家に相談しましょう

相続のことでお困りのときは、まずは相続に強い司法書士、税理士等の専門家に相談しましょう。相続のことを熟知していますので、必ず役に立つアドバイスがもらえます。
当事務所はJR武蔵小杉駅前の司法書士・行政書士事務所です。相続でお困りごとがあれば相続専門の司法書士・行政書士による無料相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度