法定相続情報一覧図と相続関係説明図の違い①

相続の手続きではよく「法定相続情報一覧図」と「相続関係説明図」という言葉を聞くと思います。この2つは何が違うのでしょうか。今回のコラムでは「法定相続情報一覧図」と「相続関係説明図」について解説します。

 法定相続情報一覧図とは

法定相続情報一覧図とは、戸籍の記載に基づいて被相続人(亡くなられた方)の法定相続人が誰になるのかを法務局の登記官が証明した書面のこと言います。平成29年5月29日から運用が開始され、法定相続人が誰であるかを示した公的証明書となります。この制度が運用される前は相続の手続きをする場合には各役所から集めた戸籍の束を持って相続の手続きをする必要がありましたが、法定相続情報一覧図がある場合は戸籍の束に代えることができますので、手続きの負担を軽減することができると期待されています。

 相続関係説明図とは

相続関係説明図とは、被相続人と相続人との関係や生年月日、死亡日などを記載した家系図のような表で法務局に提出する書類のことをいいます。相続登記を申請するときに相続関係説明図を添付すると戸籍を返してもらうことができます。

 法定相続情報一覧図と相続関係説明図の違い

法定相続情報一覧図と相続関係説明図は似ていますが、次の点で違いがあります。

 法務局の認証文の有無

法定相続情報一覧図には法務局の認証文がありますが、相続関係説明図に認証文がありません。そのため、法定相続情報一覧図は戸籍等に代わる添付書面として使用することが可能ですが、相続関係説明図は戸籍等に代わる添付書面としては使用することはできません。

 記載内容が異なる

法定相続情報一覧図と相続関係説明図はどちらも家系図のような表となりますが、記載内容が異なります。法定相続情報一覧図は戸籍謄本等から確認できる「法定相続人」しか記載することができませんので、記載内容が限定されます。一方、相続関係説明図は記載できる範囲は法定相続人に限られませんので、法定相続人以外の情報も記載することができます。例えば、相続関係説明図ですと遺産分割で相続した相続人を記載したり、相続放棄をした人の情報を記載することができますが、法定相続情報一覧図は「法定相続人」のみの記載に限られますので、遺産分割の内容や相続放棄をした相続人の情報を記載することはできなくなっています。

 

続きは次回のコラムで解説します。

 

令和3年9月18日掲載

※この記事は掲載時点での法律を前提に作成されております。

相続でお困りのときは専門家に相談しましょう

相続のことでお困りのときは、まずは相続に強い司法書士、税理士等の専門家に相談しましょう。相続のことを熟知していますので、必ず役に立つアドバイスがもらえます。
当事務所はJR武蔵小杉駅前の司法書士・行政書士事務所です。相続でお困りごとがあれば相続専門の司法書士・行政書士による無料相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

 

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度