相続手続きで必要?準確定申告って何?

 今回のコラムでは相続手続きで必要になる場合がある準確定申告について解説します。

 準確定申告とは

準確定申告とは、被相続人(亡くなられた方)の所得に対して行われる確定申告のことをいいます。通常であれば所得税はその年の11日から1231日までの1年間に生じた納税者の所得について所得税を計算し、その年の翌年の216日から315日までの間に申告と納税を行います。

もっとも、納税者が年の途中で亡くなった場合は、納税者の相続人がその年の11日から死亡した日までに確定した被相続人の所得について計算し、相続の開始を知った日から4カ月以内に申告と納税を行う必要があります。この制度を準確定申告といいます。

 どこで手続きをするの?

準確定申告の手続きは被相続人の死亡当時の納税地を管轄する税務署で手続きを行う必要があります。相続人の住所地の管轄税務署ではないので注意してください。

被相続人の最後の住所が武蔵小杉(川崎市中原区内)にあった場合は川崎北税務署が管轄となります。

川崎北税務署(川崎北税務署のサイトに飛びます)

https://www.nta.go.jp/about/organization/tokyo/location/kanagawa/kawa_k/index.htm

 

準確定申告が必要な場合

準確定申告は全員が必要になるわけではありません。被相続人に次の所得がある場合に必要となります。

2カ所以上から給与の支給を受けていた場合
②事業所得、不動産所得、譲渡所得がある場合
③給与の収入金額が2,000万円を超えている場合
④給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円を超えている場合
⑤公的年金等の収入金額が400万円を超えている場合
⑥満期保険金の受取りがあった場合

 相続人が複数いる場合

準確定申告が必要な場合で相続人が複数いるときは準確定申告書は各相続人が連署による1つの書面で提出する必要があります。

もっとも、共同相続人間の事情により、共同して申告書を提出することができないときは、相続人が個別に提出することも可能となっています。この場合は、遅滞なく、他の相続人に対して、当該申告書に記載した事項の要領を通知しなければなりません。

 

令和3年9月1日掲載

※この記事は掲載時点での法律を前提に作成されております。

 

相続でお困りのときは専門家に相談しましょう

相続のことでお困りのときは、まずは相続に強い司法書士、税理士等の専門家に相談しましょう。相続のことを熟知していますので、必ず役に立つアドバイスがもらえます。
当事務所はJR武蔵小杉駅前の司法書士・行政書士事務所です。相続でお困りごとがあれば相続専門の司法書士・行政書士による無料相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度