相続では遺産分割協議書は必ず必要?

 相続での遺産分割では遺産分割協議書の作成は必ず必要になるのでしょうか。今回のコラムでは遺産分割で遺産分割協議書の作成は必ず必要か否かを解説します。

 遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは相続人全員で話し合って決めた相続する内容を書面にしたものです。

 遺産分割協議書を作成しなくても遺産分割協議は有効

遺産分割協議は相続人全員の合意のみで成立しますので、遺産分割協議書が無くても遺産分割は有効です。そのため、遺産分割協議書の作成は遺産分割では必ず必要というわけではないということになります。

もっとも、協議の蒸し返しを防止するためにも遺産分割協議書は作成しておくことが望ましいですし、協議の内容を証明するため遺産分割協議書は作成されることが一般的です。また、法定相続分以外で相続の手続きをする場合は不動産の登記や金融機関での手続き等各種の相続手続きで遺産分割協議書か家庭裁判所の審判書が必要となります。そのため、法定相続分以外で家庭裁判所の関与なく不動産や金融機関等の相続手続きをする場合は遺産分割協議書の作成が必須となります。

 遺産分割協議書を作成する上での注意点

遺産分割協議書を作成する場合は以下の点を注意して作成しましょう。

①被相続人の氏名・本籍・最後の住所・生年月日、相続人の氏名・住所・被相続人との続柄などを明記する。

②相続人の氏名・住所は印鑑証明書や住民票に記載されている通りに記載する。

③遺産は他の財産と区別ができる程度に明確に特定する。不動産については登記事項証明書、金融資産については金融機関から取り寄せた残高証明書の内容を記載する。

④遺産分割協議書には相続人全員で実印を押印し、印鑑証明書を添付する。遺産分割協議書が複数になった場合は、各用紙の間に相続人全員の契印をする。

⑤現在判明していない遺産については、今後発見された場合に誰が何を相続するのかも決めて記載しておくことが望ましい。

⑥各相続人が遺産分割協議書を1通ずつ所持できるように相続人の数と同じ通数を作成する。

公正証書にすることもできる

後日の紛争の可能性を更に減らしたい場合は公証役場で遺産分割協議書を公正証書にすることもできます。遺産分割協議書の証明力を上げて後日の紛争の可能性を限りなく減らしたい場合は公正証書の利用を検討するのも良いかもしれません。その場合は公証役場の手数料が掛かりますが、証明力はより強くなります。

令和3年8月2日掲載

※この記事は掲載時点での法律を前提に作成されております。

相続でお困りのときは専門家に相談しましょう

相続のことでお困りのときは、まずは相続に強い司法書士、税理士等の専門家に相談しましょう。相続のことを熟知していますので、必ず役に立つアドバイスがもらえます。
当事務所はJR武蔵小杉駅前の司法書士・行政書士事務所です。相続でお困りごとがあれば相続専門の司法書士・行政書士による無料相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度