加入しているかで大違い!団体信用生命保険とは?

 住宅ローンについて調べたり相談したときに「団信」という言葉を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。この「団信」とは団体信用生命保険の略で、相続のときは故人が加入していたかどうかで相続人の負担が大きく変わってくることになります。今回のコラムでは団体信用生命保険について解説します。

 団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、生命保険の一種で、住宅ローンの債務者が返済期間中に死亡または高度障害状態になったときなどに、死亡保険金で住宅ローンの残債が完済される保険です。略して「団信」と呼ばれることが多いので、この記事でも以降は「団信」と言うことにします。

住宅ローンを抱えている状態で相続が起こった場合、通常であればローンの残債は相続の対象となり相続人が引き継いで完済するまで返済をしていくことになります。しかし、被相続人(亡くなられた方)が団信に加入していた場合は生命保険会社が債務者に代わって住宅ローンの残債を支払ってくれます。相続人としては相続した残債を返済をしなくても大丈夫ということになりますので、故人が加入していたかどうかで相続人の負担は大きく変わることになります。掛金も安く、加入時年齢による保険料の違いもありませんので、加入できるのであれば加入しておくことをおすすめします。

 団信に加入していた場合相続税はかかるの?

住宅ローンが無くなりますので団信に加入している場合相続税がかかるのか心配になるかもしれませんが、団信は、契約者及び保険金受取人が金融機関となっていますので、その保険金は「みなし相続財産」とはなりません。そのため、相続税の課税対象とはなりませんので、ご安心ください。
もっとも、住宅ローンの支払いは相続人ではなく団信の保険金により支払われることになるので、相続人には負担がなく、そのため債務控除の対象ともならないことになります。
したがって、団信付きの住宅ローンを完済する前に相続が発生した場合、団信の死亡保険金も住宅ローンの残債も相続税の計算では対象外になるということになります。

 

令和3年7月7日掲載

※この記事は掲載時点での法律を前提に作成されております。

相続でお困りのときは専門家に相談しましょう

相続のことでお困りのときは、まずは相続に強い司法書士、税理士等の専門家に相談しましょう。相続のことを熟知していますので、必ず役に立つアドバイスがもらえます。
当事務所はJR武蔵小杉駅前の司法書士・行政書士事務所です。相続でお困りごとがあれば相続専門の司法書士・行政書士による無料相談を受け付けておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度