相続登記

非上場株式会社(親族会社)の相続について

非上場株式会社(親族会社)の相続について 今回のコラムでは親族会社などの非上場株式会社の株式を相続した場合の法律関係について解説します。 株式の相続 株式会社の株式を持っている株主は保有する株式の数に応じて会社に対して議決権などの権利を行使することができま…

遺産分割協議書は公正証書で作成した方が良い?

遺産分割協議書は公正証書で作成した方が良い? 相続手続きでは相続人の全員の合意に基づいて作成した遺産分割協議書を作成することが多いですが、この遺産分割協議書は公正証書で作成した方が良いのでしょうか。今回のコラムでは遺産分割協議書は公正証書で作成した方が良い…

法定相続情報証明制度とは

法定相続情報証明制度とは 平成29年(2017年)より始まった法定相続情報証明制度は相続での手続きを簡略化するための制度となります。今回のコラムでは法定相続情報証明制度について解説します。 法定相続情報証明制度とは 従来の相続の手続きでは必要となる戸籍謄本…

私道の相続登記

私道の相続登記 今回のコラムでは私道の相続登記について解説します。 私道とは 私道とは個人や法人が所有している土地を道路として使用している区域のことです。道路には公道と私道がありますが、公道は国や地方公共団体が所有・管理している道路、私道は個人や法人が所有…

相続登記と権利証

相続登記と権利証 不動産を売却する場合は原則として権利証が必要となります。そのため、不動産の所有権を移す手続きをするときは権利証が必要と思われている方も多いと思いますが、相続登記でも権利証は必要になるのでしょうか。今回のコラムでは相続登記と権利証について解…

数次相続と代襲相続の違い①

数次相続と代襲相続の違い① 相続では複数重なることがあります。相続が数回重なっている場合、相続の順番で数次相続か代襲相続になります。今回のコラムではこの数次相続(すうじそうぞく)と代襲相続(だいしゅうそうぞく)の違いについて解説します。 数次相続と代襲相続…

親権と相続

親権と相続 親権者が一人で未成年者がいる場合に親権者が死亡した場合、親権はどうなるのでしょうか。今回のコラムでは、親権についての解説と単独での親権者が死亡した場合の親権者について解説します。 親権とは… 「親権」とは、子供の利益のために、観護や教育を行った…

相続した不動産を売却するには前提として相続登記が必ず必要となります

相続した不動産を売却するには前提として相続登記が必ず必要となります 不動産を相続して誰も住む人がいなくて使い道がない場合、売却して現金に換えるという方法があります。ただし、相続した不動産を売却する場合は相続の登記が必ず必要となりますのでそのことも考えて売却…

遺産分割調停調書により相続登記をする場合について

遺産分割調停調書により相続登記をする場合について 相続登記において、遺産分割調停により登記手続きを行う場合、遺産分割協議書により相続登記をする場合と必要になる書類が異なってきます。今回のコラムでは遺産分割調停調書により相続登記をする場合について解説します。…

相続発生後は銀行預金は凍結されます

相続発生後は銀行預金は凍結されます。  相続発生後は故人の銀行預金は凍結されます。凍結された後は通帳や銀行印またはキャッシュカードがあり暗証番号が分かっていたとしても故人の預金を引き出すことはできなくなります。  いつ凍結されるの? 銀行預金については銀行…

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

平日 18 時以降・土日祝日はメールフォームでご連絡いただけるとスムーズです。
ご連絡いただければ原則翌日(土日祝の場合翌営業日)の午前中にご返信いたします。

無料相談申込

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

相談のご予約:044-299-7900(9:00~21:00/平日・土日祝)

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日も可)

お電話、メールでの相談は受け付けておりません。面談での相談をお申込みください。
上記エリアのお客様は無料出張相談も受け承っております。内容によってお受けできないものもございますのでお問合せください。
武蔵溝ノ口駅から電車で8分程度
川崎駅から電車で9分程度
登戸駅から電車で13分程度
府中本町駅から電車で24分程度
菊名駅から電車で10分程度
横浜駅から電車で12分程度