再転相続とは

再転相続とは、ある方が亡くなり(第1の相続)、その相続人が相続を承認または放棄する前に死亡(第2の相続)した際に、第1の相続の相続人(被再転相続人)の相続人(再転相続人)が第2の相続の権利(被再転相続人の相続)とともに第1の相続を承認または放棄する権利を引き継ぐことをいいます。
つまり、祖父が死亡(第1相続)し父がその相続を承認または放棄する前に父が死亡(第2の相続)して、孫が父の相続をするとともに、祖父の相続についての父の権利をも承継するのが再転相続です。

再転相続での相続放棄の可否について

再転相続人は、2つの相続について承認・放棄の選択をすることになりますが、それぞれの相続の放棄ができる場合とできない場合があります。 
例えば、祖父Aが死亡(第1の相続)し、その後父Bが承認または放棄をせずに死亡(第2の相続)した場合、再転相続人である孫Cが最初に発生した亡き祖父Aの相続と次に発生した亡き父Bの相続に関してそれぞれについて承認・放棄を選択するケースがあったとします。この場合、孫Cが選択する先後の順番や内容で以下の4つの選択のパターンが考えられますが、選択の可否については承認・放棄する順番で異なってきます。選択の可否については以下の通りとなります。

<再転相続における孫Cの選択肢>

選択パターン

祖父Aの財産

先に承認

先に放棄

承認または放棄

承認または放棄

父Bの財産

承認または放棄

承認または放棄

先に承認

先に放棄

Cの選択

父の相続どちらも可

父の相続どちらも可

祖父の相続どちらも可

祖父の相続どちらも不可

 
選択パターン①:孫Cが祖父Aの相続を先に承認するパターンでは父Bの相続について承認または放棄がどちらも可能です。

選択パターン②:孫Cが祖父Aの相続を先に放棄するパターンでは孫Cは父Bの相続について承認または放棄がどちらも可能です。

選択パターン③:孫Cが父Bの相続を先に承認するパターンでは孫Cは祖父Aの相続について承認または放棄がどちらも可能です。

選択パターン④:孫Cが父Bの相続を先に放棄するパターンでは孫Cは祖父Aの相続について承認及または放棄がどちらもできません

上記選択パターンの内、選択パターン④では孫Cは祖父Aの相続について承認または放棄ができません。先に父の相続について放棄しているので、祖父の承認または放棄の選択権を失うためです。

相続放棄のご相談は、武蔵小杉リーガル司法書士事務所へ

相続放棄のことで、お困りであったり分からないこと等がございましたら、武蔵小杉駅徒歩2分の武蔵小杉駅リーガル司法書士事務所まで、お電話またはお問合せフォームからお気軽にお問い合わせください。相続放棄のご相談は全て無料で承っております。

そもそも何を聞いたら良いのか分からない場合でも「相続放棄のことで相談したい」とだけお伝えていただいて大丈夫です。費用のこと、必要書類のこと、手続きにかかる期間のこと、どんなことでも構いません。

武蔵小杉リーガル司法書士事務所は一人一人のすべてのお客様に対し親切・丁寧・誠実にご対応させて頂いております。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

平日も土日祝も夜 9 時まで無料相談受付中!空きがあれば当日相談も可能です。

時間外相談・土日祝相談・当日相談・出張相談・完全予約制

044-299-7900

相談のご予約 9:00~21:00/平日・土日祝

営業時間 9:00~18:00/平日

近隣地域の方は出張相談も無料です。その他のエリアの方はお問い合わせください。

ご予約で時間外・土日祝も相談対応いたします(空きがあれば当日予約も可)